-Hammering-

kiseki_bangles_2023
LOCUS -Lay and Jujube- bangle, silver950, hammering

地金に金鎚を打ち込むと、
溝が刻まれ延びて変形する。
溝が不揃いに連なる金属は、
作り手自身の律動と手の痕跡。
JUNNIQUEを身につける人は、
その溝に新たな記憶を刻み、
かけがえのない時を
ともに歩んでゆく。


FOREST WORDS

junnique_morinokotoba
森のことば

森のことばは 森のすべて 
深い沈黙は 無限の豊かさ 
ことばにならない 思いは 
マル サンカク シカク… 

森のことばは 森のすべて 
草花も 湿潤な土も 夜の暗闇も 
沈黙さえも すべてが森のことば 

森に身をゆだね 全心で森を感じると 
言葉に頼らない 自由な感性が湧いてくる 
深い沈黙は 無言の対話を促し 
気づいていなかった自らの心に 
新たな一面を見いだす 

森は その無限の豊かさで 
絶えず生きる力を生んでいる 
ことばにならない 思いは 
丸 三角 四角…

junnique_morinokotoba_2022
FOREST WORDS -maru, sankaku and shikaku- Pendant top, silver, gold leaf, verdigris


SILVER LINING

mt.yatugatake_sunshine_2023
SILVER LINING|希望の光

暗雲はやがて  
隠れている陽の光に縁どられていく 
逆境もまた  
いつか希望の光で明るく輝いてくる 

[ Silver Lining ]とは、もともと服の裏生地の縁取りの意味。
そこから、暗雲を縁取る明るい光に例えられて「希望の光」と呼ばれる。
陽の光に縁取られて、新たな希望がわいてくる。

SILVER LINING -Sparkle and Lay- rings, silver925, rhodium plated

LOCUS

mt.yatugatake_winter-01
LOCUS|キセキ

一呼吸 刻一刻 
その日 その時 
その瞬間の軌跡 
新たに刻む記憶 
その月日は奇跡 

[Locus]を作るとき、雪と氷が層を重ねる冬の凍り道を思い出す。

凍り道にはいろいろな何かが縦横無尽に交錯していて、それは車の轍だったり動物の跳ねた足跡だったり、木の実の落ちた穴だったりと、日を追うごとに気づいてゆく。

それぞれの足跡をたどるように進んでいくと、獣道を見つけたり、松ぼっくりが頭上に落ちてきたり、アスファルトの連続的なひび割れを露わにする氷の筋でさえも、寒暖の軌跡なのだと思うと心動かされた。

凍り道を行き交うものたちの痕跡は、春になればほとんど消えてしまうけれど、それぞれの記憶はそこにあると感じている。

そのキセキはやがてあいまいに少し変わったとしても、かけがえのないものに変わりはないのだから。


THROUGH THE WINDOW

junnique_madonomuco_2020
MADONOMUCO -frog- charm, copper, brass
MADO NO MUCO|マドノムコウ

マドニ ナニガ ミエルカナ 
マドハ ナニヲ ミテルカナ 
マドノ ムコウハ ココロノ庭 

何もない空間で じっとしていると 
いつもと違う 時間がながれ 
やがて 
日常と非日常は あいまいになる 
ここから 
戻るのか 進むのか 
目の前に 私は窓をかけた 


-Mind’s Garden-

junnique_mindsgarden-image

自然はピュアで
クリエイティブでボーダーレス、
そのダイナミズムを私の心の庭で感じて 
作品に育てています。

私は庭作りが大好きで 
心の中にも「ココロノ庭」をもっています 

私が思い描くココロノ庭は 
現実そのものではないけれど 
自らの心をひらくと 
声なき声が聞こえる気がしています

自然は生命をあきらめません 
私は自然と人との営みをココロノ庭に映しこみ 
日々生きていることの奇跡を感じとっています 

身近な自然と自分自身が向き合うとき、
心の中で 新しい未来と必ず出会うことを信じているとともに、
作品を手にする人の”新しい自分”に 寄り添えることを願っています。

Learn from nature, play with nature …